楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fx解説!第4弾!-ルーティング編1-

2015/8/11 (火)[新宿店]

実機所有スタッフによるAxe-Fx解説!第4弾!

◆この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
いつもイシバシ楽器店のブログをご覧になって頂きまして、誠にありがとうございます。

イシバシ楽器店FRACTAL担当:新宿店久保です。

150326 B


本日はFRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fxの最大の魅力、エフェクトのルーティングについて、数回に渡ってより詳しくご紹介していきたいと思います。

今回はAxe-Fxって気になるけど難しそう…とお悩みの方に向けた取っつきやすい内容でご紹介していきたいと思います。
早速ではございますが、ご紹介していきます。
まずはこちらをご覧ください。

46681 B
47087 B


縦に4、横に12の四角がございます。(ハードウェアの画面だと横は見切れておりますが、NAVボタンの左右で画面のスクロールが可能です)
そしてそのブロックの中にDRVやAMP、CAB等記載されておりますが、記載されている物が現在選択しているプリセットで接続されているモデリングになります。
基本はDRVは歪み系エフェクトだったりAMPはそのままアンプのモデリング(プリアンプ、パワーアンプのモデリングのみでコンボアンプのモデリングであっても、このAMPにはスピーカーキャビネットのモデリングは含みません)、そしてスピーカーキャビネットのモデリングはCABと、見れば大体何を操作するのかが分かりやすい点も魅力です。

これらモデリングを好きな順番で、好きな配置で設置、接続出来る点がAxe-Fxの最大の魅力です。
本来このようなシステムを実機で組もうとすると、機器と機器をシールドで接続したり、それらの電源を用意したりと大変な手間が掛かりますが、それらの手間やシールドによる劣化を無くし簡単に思い描くシステムを組み上げることがAxe-Fxでは可能です。

まずは好きな音を探す事から始めましょう。
RECALLボタンを押すとこのような画面が表示されますので、その画面でVALUEノブを回すとプリセットが切り替わります。

44634 B


今回はこちらのプリセットを使用してご紹介していきますが、もちろん好みのプリセットを使用して頂いて大丈夫です。
その画面でLAYOUTボタンを押すと冒頭でご紹介した画面になります。
それでは早速弄り倒していきましょう!
今回はルーティングの多彩さに焦点を当てる為内部パラメーター等は弄りませんが、もちろんその都度弄って頂いて大丈夫です。

まずは不要なエフェクトブロックを全てオフにしてみましょう。サウンド的にはアンプ直みたいな感じですね。AMP,CABブロック以外を全てオフにします。

ブロックの周りが実線の物が現在オンになっているモデリング、点線の物が現在オフになっているモデリングです。
NAVボタンでカーソルを合わせ、FX BYPボタンを押すと選択したブロックのオンオフ状態を切り替え可能です。AMP,CAB以外を全てオフにしてみて下さい。

この状態がいわゆるアンプ直サウンドになります。実機で言えばエフェクトはオフで繋がったままの状態ですが、デジタル物なのでエフェクト同士のケーブルの取り回し等もございませんので、それ故の音質劣化がない、というのも魅力ですね。

どれだけ複雑なシステムを組んでも音質劣化を感じないと分かったところで、それでは実際にルーティングを組んでいきましょう!

まずは現在のレイアウトは全て直列になっております。左のインプットから入り、右に真っ直ぐいきアウトプットへいっております。
このアウトプットですが、基本はここへ到達した信号はアウトプット1から出力されます。しかしながらAxe-Fxにはアウトプット2も搭載されております。
どういう事かと言うと…後述させて頂きます!

今回はアンプを2台鳴らしてみましょう!いわゆるステレオです。
現在AMPブロックが設置されている上か下にNAVボタンでカーソルを合わせ、VALUEノブを回します。するとそこに新たに設置出来るモデリングが表示されていくので、AMP2を選択しENTERを押します。

45042 B
46239 B


するとカーソルを合わせた所に新たにAMPブロックが追加されました!
次はそのアンプに配線を施しましょう。
AMP1の左のブロックにカーソルを合わせ、ENTERを押すとブロックが点滅を始めます。これは現在選択しているブロックと次のブロックの結線をします、という状態になっておりますので、NAVで先程新たに設置したAMP2にカーソルを合わせ、再度ENTERを押すと、AMP2に伸びる線が追加されました。これで信号はAMP1への信号と、AMP2への信号にスプリットされました。

48390 B


次にAMP2の右側にCABブロックを新たに追加します。AMP2を追加した時と同じ流れで今回はCAB2を選択し設置、結線をします。

46589 B


そしてその信号をアウトプット2から出してあげましょう!そうする事によりAMP1へ行った信号はアウトプット1から、AMP2へ行った信号はアウトプット2から出力されますので、別々のアンプを同時に2台鳴らす事が出来る訳ですね。録音等で同じフレーズをアンプ別で録音したい際も、2回同じフレーズを録音しなくてもこの手法を取れば同時に録音が可能です。
それでは実際にAMP2へ行った信号をアウトプット2から出す場合はどうすればいいのかと言うと、信号の先にある特定のブロックを追加すればいいだけなのです。
そのブロックが何かお分かりになりますでしょうか。
それはこのブロックです。



47949 B




FXL、FX LOOPですね。アンプでいうセンドリターン端子になります。

57564 B
65154 B


Axe-Fxのアウトプット2はセンド、裏側のインプット2はリターンを兼ねておりFXLブロックを追加すればセンドリターンを使用する事が可能になります。もちろんお好きなエフェクトやプリアンプ等をAxe-Fxプリセット内に組み込む事も可能ですが、リターンに返さずセンドから直接外部スピーカーやアンプに送る事により、センドはアウトプット2を兼ねる事が出来ます。
これを利用すれば、先程のAMP1の信号はアウトプット1から出力、AMP2の信号はアウトプット2から出力、といった具合になります。

若干応用して、例えばAMP2へスプリットさせた信号のCAB2をオフにしてあげれば、AMP1の信号はアンプモデリングオン、キャビネットシミュレーターオンになっており、AMP2の信号はアンプモデリングオン、キャビネットシミュレーターオフになりますので、ライブではAMP1の信号はPAへ直接送り、AMP2の信号をステージ内の実機のアンプのリターンに挿してあげれば中音は実機のパワーアンプ、スピーカーを使用した音色、外音はAxe-Fx内で完結させた音色と使い分けも可能です。

このようにひとつのブロックを追加するだけでも出来る事が幅広くあり、ポテンシャルの高さが伺えますね。



如何でしたでしょうか。

今回はAxe-Fxの最大の魅力、ルーティングの多彩さをご紹介させて頂きました。
この部分に関しては出来る事がかなり多くございますので、数回に渡ってご紹介させて頂く予定です。回数を重ねる毎に徐々にコアな内容にしていくつもりですので、次回ももしよろしければご覧頂けますと幸いです。

最後までご覧になって頂きまして、誠にありがとうございました。

次回もお楽しみに!


※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

新宿店のブログ こちらもお読みください

FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fx II XL+ & AX8 徹底比較!
1ヶ月以上
FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fx徹底解説!
1ヶ月以上
ハイエンド機材コーナーがさらに生まれ変わります!!
1ヶ月以上
Positive Grid VP of Global SalesのRobert McCullar氏ご来店!
1ヶ月以上
FRACTAL AUDIO SYSTEMS技術者、Cooper Carter氏がご来店!
1ヶ月以上

こちらの記事もあわせて読まれています(ベータ版)

FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fx解説!第5弾!-Auto Engage編-[新宿店]
1ヶ月以上
FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fx解説!第1弾![新宿店]
1ヶ月以上
FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fx徹底解説![新宿店]
1ヶ月以上
FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fx解説!第3弾! -SCENE機能-[新宿店]
1ヶ月以上
Fractal Audio Systems Axe-Fx解説!第2弾![新宿店]
1ヶ月以上

新宿店 店舗情報

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-3-2 地下鉄会館ビル

03-3350-1484

メールフォームはこちら

営業時間

AM11:30-PM8:30

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR・東京メトロ 新宿駅より徒歩5分
東京メトロ 丸の内線、副都心線、都営新宿線 新宿3丁目駅 C4出口 より徒歩0分

駐車場

●専用駐車場:なし
●近隣のコインパーキング(有料)使用可

新宿店 新着情報

新宿店 ブログ