楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

楽器屋さんに聞けシリーズ in TURKEY 〜イスタンブールシンバル探求の旅 

12/6 (水)[渋谷WEST]

ハンドメイドシンバルの聖地にお邪魔して参りました!

こんにちは、渋谷WESTの松岡です。

前回のテーマ
「トルコ系」シンバルって何ぞや?を踏まえて、、、

11/12〜11/17の6日間かけて、
シンバルの聖地、トルコ・イスタンブールを訪問してきました!!!


そこで出会った、トルコのシンバルづくりへの熱き魂を、
この記事で少しでもお伝えできれば!と思います。

17世紀、かつてオスマン帝国時代、
皇帝より「シンバル職人」として認められた、
アベディス1世より続くシンバルの生まれ故郷を、
この目、この耳で確かめてまいりました!!



■アジアとヨーロッパが交錯する魅惑の地、トルコ・イスタンブール

かつては世界の中心となっていた、コンスタンチノープル。
ボスフォラス海峡を挟んで東のアジアと西のヨーロッパの境界となる都市で、
1930年に「イスタンブール」という地名に改称されます。
※なのでKジルジャンの最高峰モデルはKコンスタンチノープルなのです。リスペクトを感じますね。

古くから栄え、アジアとヨーロッパの文化が交錯する地で、
世界史的に宗教的にも文化的にも重要な都市であります。

日本からは西に約9000km、時差もマイナス7時間。
飛行機でも約12時間を要します。
80392 B

日本を夜21:00過ぎの深夜便で出発、
12時間の長いフライトを経て、明け方に到着!

まだ薄暗い中、ホテルに移動ししばし休息、、、
て言っても風呂に入る時間ぐらいしかありませんでしたが(笑)


■初日、早速ISTANBUL MEHMETの工房へと

まだ、トルコへ来た実感もあまり湧かないまま、
早速市内のメメットのファクトリーへ。

177009 B
市内の車の交通量のあまり多さにビックリ!
混んでいる都内よりも渋滞が激しい。
そしてみなさん運転が超アグレッシブ(笑)

1時間半ほど移動したところで、ようやくメメット工房に到着。
120210 B

どこか昭和感漂う工業地帯の一角にありました。
112991 B

こじんまりとした印象の工場でしたが、
既にシンバルを叩く、カン、カン、カンという乾いた金属音が響いています。
おお、叩いてる叩いてる、ワクワクしながら工場内へと、、、



149666 B
選定部屋(応接間?)にはこんなドラムセットが、、、


結構な量のストック
125425 B
ううむ、これは選び甲斐があるぞ、、、
121079 B


選定の前はまず工場見学を、、、

126810 B
ここはメルティング(合金の調合)し、鋳型に流し込みインゴットを製造。



メメットでは電気を使用した釡で材料を溶かしております。






出来たインゴットは何回も丹念にローラーで延ばしていきます。





最終的にはカップ部もプレスし、


このようにグニャグニャながらもシンバルっぽさが出てきます。


このような状態から、
全てハンドハンマリングでシンバルのカタチを成型していくのですが、

116057 B
おお、まさしくハンドハンマリング!
複数の職人たちが丹念かつ、素早くハンマリングを施していきます。

こうしてシンバルのシェイプを作成しつつ、音色を整えるようで、
トルコシンバルの真骨頂といえる手間の掛かる作業です。

ハンマリングを終えたシンバル達は


レイジング、いわゆる溝切り作業に移ります。

ターク系のシンバルはこの工程が有りませんが、
職人たちは様々な種類に合わせ、素早くレイジングを施していきます。
う〜ん、手際が良い。


仕上げにセンターホール等のバリを取り、
スタンプなどが施されて完成!

このように、
ハンマリング(シンバル成型)はオール手作業。

他のブランドでは、この作業はほぼほぼ機械化され、
マシンで自動化されたハンマリングを行っています。

やはり大量生産には「マシン」の方が素早く、大量に生産できるのですが、
トルコシンバルは、昔ながらの伝統製法をかたくなに守り続けております。


このお方、メメット・タンデガー氏は、
伝説のシンバルマスターケロップ・ジルジャンの孫である
ミカエル・ジルジャン氏からシンバル作りを学び、
いわゆる「オールドK」ジルジャンの工房でシンバルを制作していた、
シンバル界のレジェンド的人物です。


メメット氏とかつてのイスタンブールKの工場にまつわる資料もありました。

彼は、この伝統製法をかたくなに守り続け、
弟子である職人たちにその手法を教授し続けております。

彼はいわゆる「のれん分け」を積極的に行っており、
彼の元で修業し、独立したのがアゴップ社であり、ボスフォラス社でもあります。
いわゆる彼は現在のトルコシンバルの「ゴッド・ファーザー」

寡黙なシンバル職人といった感じのメメット氏ですが、その大きな手は非常にあたたかく、
シンバルづくりにかける情熱を、この手て感じ取れた気がします。

そんな彼のオススメは、
ずばり「メメット・レジェンド」シリーズ。

かつて、イスタンブール創成期に、
かのメルルイス氏に絶賛されたシンバルをイメージして制作しているシリーズだそうです。

午後に行われた選定会では、
そのオススメの「メメット・レジェンド」を含めた、
計11枚を入手致しました!!!

125946 B

まだまだ選び足りない気もしましたが(笑)
今回はここまでで時間切れ、あっという間の初日が過ぎました。

トルコツアーはまだまだ続く!

続きは次回で!!


■過去記事はこちらから■

わからないことは楽器屋さんに聞け!スネア選びのカンタン基礎知識

わからないことは楽器屋さんに聞け!スネア選びのカンタン基礎知識2
わからないことは楽器屋さんに聞け!ドラムヘッド選びの基礎知識
わからないことは楽器屋さんに聞け!スティック選びの基礎知識
わからないことは楽器屋さんに聞け!キックペダル選びの基礎知識
わからないことは楽器屋さんに聞け!練習ツール選びの基礎知識1
わからないことは楽器屋さんに聞け!練習ツール選びの基礎知識2
わからないことは楽器屋さんに聞け!シンバル選びの基礎知識1
わからないことは楽器屋さんに聞け!シンバル選びの基礎知識2
わからないことは楽器屋さんに聞け!シンバル選びの基礎知識3
わからないことは楽器屋さんに聞け!中古品選びの基礎知識1
わからないことは楽器屋さんに聞け!中古品選びの基礎知識2
わからないことは楽器屋さんに聞け!ドラムチューニングの基礎知識〜知識編〜
わからないことは楽器屋さんに聞け!ドラムチューニングの基礎知識〜応用編/実践編〜
わからないことは楽器屋さんに聞け!ドラムチューニングの基礎知識〜発展編・前編〜
わからないことは楽器屋さんに聞け!ドラムチューニングの基礎知識〜発展編・後編〜
わからないことは楽器屋さんに聞け!ドラムの手入れの基礎知識〜
わからないことは楽器屋さんに聞け!~カホンで遊んでみよう!〜
わからないことは楽器屋さんに聞け!~電子ドラムの進化は止まらない〜
わからないことは楽器屋さんに聞け!〜第1回 ビーター選手権!〜
わからないことは楽器屋さんに聞け!〜知っておきたいパーツの規格!〜
楽器屋さんに聞けシリーズ 〜ドラムのシェルを知っておこう「胴体の構造編」〜
楽器屋さんに聞けシリーズ 〜ドラムのシェルを知っておこう「胴体の素材編」〜
楽器屋さんに聞けシリーズ 〜魅惑のトルコ系シンバルに迫る!〜


■この記事を書いた人

松岡 武 Takeshi Matsuoka

中学生の頃突然ドラムに目覚め、そのままのテンションで音楽の専門学校に入学。卒業後よりお茶の水イシバシに勤務し13年、2016年6月より渋谷WEST勤務。20代のころはジョン・ボーナムにあこがれすぎて24インチのライドをバカバカ打ち鳴らしてました。豊富な現場経験を生かしたその人に合った楽器のチョイス、チューニングやメンテナンスポリシーで、様々なタイプのドラマーをサポート致します!



※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

渋谷WESTのブログ こちらもお読みください

楽器屋さんに聞けシリーズ 〜魅惑のトルコ系シンバルに迫る!〜
1ヶ月以上
楽器屋さんに聞けシリーズ番外編 〜ATV aDrums イベントレポ エレドラ新世代到来!〜
1ヶ月以上
中古PAISTEシンバル!大量展示なう!
1ヶ月以上
楽器屋さんに聞けシリーズ 〜ドラムのシェルを知っておこう「胴体の素材編」〜
1ヶ月以上
YAMAHAの新商品ドラムセット RYDEENを叩いて来ました!
1ヶ月以上

渋谷WEST 店舗情報

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町32-12
アソルティ渋谷2F(渋谷クアトロ隣)

03-6416-3127
(2017年5月11日より変更になりました)

メールフォームはこちら

営業時間

AM11:30-PM8:30

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR・東急・東京メトロ渋谷駅より徒歩5分。

駐車場

●渋谷BEAM駐車場:有料

渋谷WEST 新着情報

渋谷WEST ブログ