楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

Fractal Audio Systems Axe-Fx & Kemper Profiling Amplifier

2015/5/30 (土)[新宿店]

2大人気ブランドを担当が語る!#Fractal

◆この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
6/20追記

第三弾、エフェクトモデリング編を公開致しました。
こちらからどうぞ!

Fractal Audio Systems Axe-Fx & Kemper Profiling Amplifier -エフェクトブロック編-


---------------------------------------------------------------------

6/6追記

第二弾、アンプモデリング編を公開致しました。
こちらからどうぞ!

Fractal Audio Systems Axe-Fx & Kemper Profiling Amplifier -アンプブロック編-


---------------------------------------------------------------------

いつもイシバシ楽器店のブログをご覧になって頂きまして、誠にありがとうございます。

新宿店Fractal、Kemper担当:久保です。



149558 B




今回は世界最高峰マルチエフェクトプロセッサーFractal Audio Systems Axe-Fxと、
究極の新世代アンプ、Kemper Profiling Ampについて語らせて頂きたいと思います。

店頭にてよくお問い合わせ頂くのは、

『Axe-FxとKemperどっちがいいんでしょうか?』

というご質問ですが、それぞれ魅力は別にあり、全く別物だという事を今回ご案内出来ればと思います。
もちろん比較するのは全然悪い事ではございませんので、ご自身に合った機材を見つけるお手伝いが出来ればと思っております、ご参考にして頂けましたら幸いでございます。



------------------------------------------------------------------------------




Fractal Audio Systems Axe-Fxにつきましては何度かブログにて語らせて頂いておりますが、こちらはプリアンプ、マルチエフェクターという概念を越えギターシステムそのものだと個人的には思っております。

以前の記事はこちらからどうぞ。

第一弾
担当が語るFractal Audio Systems Axe-Fx II -1-
第ニ弾
担当が語るFractal Audio Systems Axe-Fx II -2-

高品質でプロ仕様なエフェクトブロックは数多のアーティストを魅了し、実機のアンプの質感に肉薄する新しいアンプモデリング、G3 Modeling TecnologyをVer.18以降では搭載し、弾き手のニュアンスを余すことなくアウトプットする事が可能です。

実機さながらのレスポンス、ダイナミクスを誇るアンプモデリングを約200種類搭載し、内蔵する様々なパラメーターで幅広いサウンドメイクが可能となっております。

様々なサウンドシステムをプリセット内に保存する事により、無限大のサウンドバリエーションを誇ります。

並列に別々のアンプモデリングを設置しミックスさせたり、実機さながらのドライ音、ウェット音を別々で出力させたり、同じアンプモデリングでも別のスピーカーキャビネットモデリングを使用したアンプモデリングと切り替えたり等、思い描く理想のサウンドシステムを煩雑なケーブルの差し替えなしに、ボタンのみで出来るルーティングの自由度の高さも非常に魅力です。

141046 B

自由度の高いルーティングは、Axe-Fxの最大の特徴と言えるでしょう。複雑なシステムも思いのままです。

また、X,Yパラメーターにより音切れのないシームレスなアンプ、エフェクトの切り替えが可能な他、新たにSCENE機能も追加し、切り替え時のストレスを最小限に抑え、演奏に集中出来る点も評価されている点の一つでしょう。

175786 B

最後の4の部分がSCENEナンバーです。AノブでSCENEを切替できますよ、という旨の記載が下にございます。

プリセット切り替え時は若干の音切れが生じる為、曲中での音色切り替えはX,Yパラメーター、SCENEを採用し、曲間でプリセット切り替え、という方法を取る方が多いです。

レイアウトに表示されているブロックのオンオフをMIDIのCCナンバーでリアルタイムでのオンオフが可能な他、ワウエフェクトではオートエンゲージと呼ばれる機能を搭載。

この機能はエスクプレッションペダルを何%踏んだ際に、自動でワウブロックがオンになるという機能です。
この機能により、CCナンバーでワウブロックをオンにしてからペダルに足を載せ替える必要もなく、簡単にワウブロックをオンオフする事が可能になっております。

このCCナンバーにより、前述したX,YパラメーターやSCENEの切り替えも可能になっております。MIDIに関してはこちらでも若干ご紹介させて頂いております、その他の詳細はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

また、Axe-Fxは豊富な入出力を備えており、様々なシステムの中に入れたり、逆に様々なシステムをAxe-Fx内に搭載する事が可能になっております。



ラインでの出力に最適なバランスアウトやS/PDIFデジタル出力、更にエフェクトループを搭載しており外部エフェクトを任意の場所に設置する事ももちろん可能です。

また、Axe-Fx IIからはアウトプットにHumbuster Tecnologyを搭載。Humbuster Tecnologyとは、指定のケーブルをアウトプット端子に接続するだけで、グラウンドループノイズを20dbも減らすという最先端の独自の技術です。指定されたケーブルとはTRS-TSのステレオ-モノラルのケーブルです。現在市販されているのは、恐らくオヤイデ電気のQAC-222Gのみかと思います。

29276 B


もちろん当店でも取り扱い中です、ご紹介ページはこちらからどうぞ。

Axe-Fxは頻繁なバージョンアップデートにより、アンプモデリング、エフェクトモデリングの数や品質の向上があり、その点でも他の追従を許さないマルチエフェクトプロセッサーの頂点として相応しい探究心が見受けられるのも多くのユーザーの心を掴んで離さない要因の一つでしょう。
様々なルーティングを使用し、多彩なサウンドバリエーションを操りたい方は是非一度お試し下さいませ。

------------------------------------------------------------------------------




一方、Kemper Profiling Ampは新世代のギターアンプという煽り文句通り、ギター、ベースアンプとして個人的には捉えております。
もちろんエフェクトブロックも内蔵しておりますが、Kemperの魅力はやはりアンプ部分、そこにあります。

まずは名前の通り、他のアンプを分析し、自分の音にするポテンシャルの高さでしょう。
独自の方式により、ホワイトノイズをアンプへ送り、その音を拾い上げる事により、そのアンプが持つ音色の特性を細部まで再現。

216112 B


その後実際に弾きながら補正していくリファイン作業により、まるで本物のアンプを弾いているかのようなレスポンス、再現度に数多のアーティストが虜になりました。
以前デジマートで特集されたTakuya meets Kemperの動画で、興味を持たれた方もいるのではないでしょうか。
実際にプロファイリングしている様子を動画にしてありますので、興味がある方は一度見てみてはいかがでしょうか。


TAKUYA meets KEMPER 【デジマート・マガジン】 Dumble Amp/Fender Bassman-Amp/Marshall T1959

しかしながらKemperの魅力はプロファイリングで音を似せる、その部分だけではございません。
例えばMarshall JCM800のミドルを全開にブースターを併用したサウンドをプロファイリングしたとしましょう。
もちろんエフェクターを含めたサウンドを、Kemper一台で再現出来るのでそれだけでも十分魅力なのですが、Kemperはそのサウンドをプロファイリングしたら、EQは全てフラットでそのプロファイリングサウンドをアウトプット致します。
Marshall JCM800ではそれ以上上げることの出来なかったミドルレンジを、プロファイリングしたKemperであれば更に上げる事が出来るわけですね。
逆に下げ切ったミドルを更に下げたり、はたまたあまりゲインの高くないアンプのゲインを更に上げたり等、とてつもないポテンシャルを誇るアンプ、それがKemperです。

以前はキャビネットからマイクで音を拾い上げ、それを戻してプロファイリングするというのが基本でしたが、最近バージョンアップデートにより、ダイレクトプロファイリングという機能を搭載致しました。



どのような機能なのかと言うと、アンプとスピーカーキャビネットの間にDIを挟み、DIからラインレベルで直接Kemperへ音を送る事によりキャビネットに依存されない、ヘッドのみの音をプロファイリング出来るようになったわけですね。
これにより、実際のアンプヘッドのような使い方をされる方が急増致しました。もちろんキャビネットシミュレーターも搭載しているので、キャビネットシミュレーターを通った音をPAへ、中音はキャビネットシミュレーターはオフに、という使い方も可能です。

内蔵されているエフェクターは同時に8つまで使用可能で、かなりの高品質ではございますが、Axe-Fxのようなルーティングの自由度というのはありません。しかしながらプロファイリングという唯一無二の武器を誇るKemperは、その再現度の高さ、運搬性の高さ、頑丈さやポテンシャルの高さによりその名を徐々に上げていき、今では国内外問わず数多のアーティストに使用されるアンプになってきました。
また、インターネット上で、他の人がプロファイリングしたデータ等をダウンロードしたり、逆にご自身のデータをアップロードしたり出来る点も魅力ですね。同じアンプのデータでも、その他機材により十人十色の音色があり、全く同じ音は存在しません。その中から好みのサウンドを見つけるのも、また楽しみの一つになるでしょう。


以上Fractal Audio Systems Axe-Fx、Kemper Profiling Ampのそれぞれ魅力を語らせて頂きました。
もちろん文面のみでは表せないそれぞれの魅力が多数ございます、ご検討中の方は是非担当:久保までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

新宿店では現在、どちらのブランドをご購入でも豪華特典付きです。


Fractal Audio Systems Axe-Fxをご購入の方にはメーカーロゴ入りTシャツを、
Kemper Profiling Amplifierをご購入の方にはメーカーピック、缶バッチをそれぞれプレゼント中!



新宿店Fractal Audio Systems在庫一覧はこちらから

イシバシ楽器店Kemper在庫一覧はこちらから



次回はそれぞれの対比等をご紹介していきたいと思います。
今回も最後までご覧になって頂きまして、誠にありがとうございました。
次回もお楽しみに!



※当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。
※商品情報や価格、在庫などは投稿時点の情報です。既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。

新宿店のブログ こちらもお読みください

FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fx徹底解説!
20日前
FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fx解説!第9弾!-ルーティング編3-
28日前
FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fx解説!第8弾!-ルーティング編2-
1ヶ月以上
FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fx解説!第7弾! -Global Block編-
1ヶ月以上
FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fx II XL+ & AX8 徹底比較!
1ヶ月以上

こちらの記事もあわせて読まれています(ベータ版)

Fractal Audio Systems Axe-Fx & Kemper Profiling Amplifier -エフェクトブロック編-[新宿店]
1ヶ月以上
FRACTAL AUDIO SYSTEMS Axe-Fx解説!第1弾![新宿店]
1ヶ月以上

新宿店 店舗情報

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-3-2 地下鉄会館ビル

03-3350-1484

メールフォームはこちら

営業時間

AM11:30-PM8:30

店頭写真
地図

アクセス方法

●JR・東京メトロ 新宿駅より徒歩5分
東京メトロ 丸の内線、副都心線、都営新宿線 新宿3丁目駅 C4出口 より徒歩0分

駐車場

●専用駐車場:なし
●近隣のコインパーキング(有料)使用可

新宿店 新着情報

新宿店 ブログ